ACCSキャンペーン
つくばもん
つくばもんニュース

2020/07/03 県西地域で特産のかんぴょう作り

 県西地域で、特産のかんぴょう作りが始まっている。
結城市結城の吉田栄さん(62)方では、家族ぐるみの作業が、夜明け前から始まる。原料のユウガオの実を心棒に刺し、機械で回転させながら、刃を当てて幅約5cmの帯状に薄くむいていく。細長くなったかんぴょうを、1本1本さおに掛けていくのは、長男の高之さん(33)の役目。1~3日かけて干し上げ、完成品は市内や栃木県内の問屋に卸される。
作業は9月上旬まで続くという。

その他のニュース