ACCSキャンペーン
つくばもん
つくばもんニュース

2020/11/18 茨城海保、空自と合同救難訓練

 茨城海上保安部は11月17日、大洗町の大洗港沖合で、航空自衛隊と連携した合同救難訓練を実施した。船の上で災害が発生した場合の救助などを想定。横浜海上保安部所属の災害対応型巡視船「いず」を使い、計60人が参加した。
訓練では、空自百里救難隊のヘリコプターから隊員を降下させ、船から救助者に見立てた人形を固定した担架を引き上げた。ヘリコプターを甲板に着船する訓練も実施した。

その他のニュース