ACCSキャンペーン
つくばもん
つくばもんニュース

2022/02/10 稲田石、釉薬原料に利用

 笠間焼協同組合は県立笠間陶芸大学校との共同研究で笠間市の「稲田石(稲田御影石)」の微粉末を釉薬原料として利用する技術を開発した。
原料は「笠間長石」と名付けた。含まれる微量の鉄分が作用し、味わい深い色調や斑点を引き出すという。笠間長石を使った笠間焼は今春の「笠間の陶炎祭」で展示販売。

その他のニュース