ACCSキャンペーン
つくばもん
つくばもんニュース

2022/02/16 頂行の教え解読し出版

 江戸時代後期に水海道村(現・常総市)で、人の生き方を説いた不二道の指導者、鈴木頂行が著した「家宝伝」を郷土史研究家の桐原光明さん(73)と小田部芳美さん(60)が解読して、自費出版した。
農政家、二宮尊徳が同書を写本させた記録も残され、「尊徳に与えた影響や教えを知ってもらえれば」と話している。

その他のニュース