ACCSキャンペーン
つくばもん
つくばもんニュース

2022/07/04 渡良瀬遊水地、保全の意義再確認

 古河市など4県6市町にまたがる渡良瀬遊水地が、国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約に登録されて今年で10周年を迎えたことを記念するシンポジウムが3日、栃木県小山市で開かれ、各自治体が条約登録の成果や意義を再確認した。
同遊水地は国内有数の渡り鳥の渡来地。台風や大雨時の治水機能も担っている。

その他のニュース