ACCSキャンペーン
つくばもん
つくばもんニュース

2022/08/10 イノシシの農作物被害額が激減

 県内のイノシシによる農作物被害額が2021年度に激減したことが9日、県のまとめで分かった。
県の対策強化が奏功したほか、豚熱感染拡大による個体数減少が要因とみられる。
県農村計画課によると、被害額(速報値)は前年度比約3割減の6239万円。市町村別では、県北・県央の中山間地域と筑波山周辺を中心に減った。

その他のニュース