ACCSキャンペーン
つくばもん
読み物
カメラの向こう側 〜つくばのケーブルテレビから〜
第9回
水野奈美
キャスター 水野奈美

もう、今月で2004年も終わり。2004年最後のコラムを私が締めることになりました。実は私、10月31日放送のNHK‐BS2の番組でつくば紹介させていただきました。今回は、一風変わったその話題で書きたいと思います。

NHKの収録風景収録は、10月中旬にNHK渋谷のスタジオで行われました。「CATVネットワーク〜すばらしき私の街」という番組で、全国各地のケーブルテレビ局の番組紹介をする番組です。
その中の特集コーナーで、今回、私達の研究学園都市紹介の時間を頂いたわけです。紹介番組は、おなじみの「研究所探訪」です。司会はNHKの鈴木桂一郎アナウンサーとタレントのさとう珠緒さん。さとう珠緒さんは、皆さんもご存知の通り、ケーブルテレビ局のキャラクターで、番組ガイドやCMなどに登場されています。

NHKの収録風景NHKに到着すると、すぐに打ち合わせルームに案内されました。いつもテレビでしか見たことの無いさとう珠緒さんの隣に座って、早速打ち合わせです。平静を装っていましたが、売れっ子芸能人の隣にいるだけで結構ドキドキでした。
スタッフもたくさんいらっしゃいました。私達ACCSの番組制作では、通常ディレクターは1人。というより、ディレクター専門はいませんので、カメラマンか出演者がディレクターを兼ね、2、3人で番組を作っています。でもさすがにNHKともなると、1つの番組にディレクターだけで5、6人、カメラマンでさらに5、6人・・・と、大勢のスタッフで和気藹々と撮影している様子でした。
打ち合わせ中や休憩中、さとうさんや鈴木アナウンサーは、私をリラックスさせようと気を遣って下さったのか、楽しいお話をたくさんしてくださいました。他の製作現場でのお話など、興味深い話がたくさん聞けました。

NHKの収録風景その後、リハーサルを終え、ゲストの関口知宏さんも加わり、いよいよ本番です。収録番組ですが、途中カットすることもなく生放送同様、丸々60分撮ります。
私の出演部分は最初の方で、一応(?)無事終了しましたが、その後も最後まで収録の様子を見ることが出来ました。
私はやはり、出演者の皆さんの仕事を一番興味深く見ていたのですが、そこはさすがプロ!コメントはまとまっているし、流れは自然だし、時間配分はピッタリだし・・・。打ち合わせ段階から見てきた私は、数時間でここまで完成させるのか!と衝撃を受けました。
そんなこんなで終了した今回の収録ですが、大きい局の番組制作をひととおり見ることが出来たうえに参加することもできて、大変勉強になりました。
以上、今回のコラム『カメラの向こう側』は、NHKカメラの向こうをお伝えしました♪

2004年12月28日

参考サイト http://www.nhk-jn.co.jp/002bangumi/topics/019/019

「研究所探訪」の放送時間:チャンネルつくば702 9:00〜9:3013:30〜14:00

チャンネルつくば702は、ACCSTVにご加入の方がご覧いただけるチャンネルです。

◎このコラムでは、つくばのケーブルテレビACCSのスタッフが放送現場の話題をお届けしていきます。

バックナンバー(2010年2月まで)へ