ACCSキャンペーン
つくばもん
読み物
カメラの向こう側 〜つくばのケーブルテレビから〜

第13回 「市長が語る」の再開

昨年11月に行われたつくば市長選挙で初当選した市原健一市長。「市原市政」が船出して早くも半年が過ぎ、市政のかじ取り役は順調な航海を続けています。

その市原新市長の本音に迫るのが、私の担当する「市長が語る」(チャンネルつくば702)です。ACCS番組ガイドの番組紹介にも掲載していますように昨年10月から休止していましたが、4月から放送を再開した番組です。「市長が語る」は平成15年4月にスタート、前市長時代は48回の放送実績があります。ACCSとしては長寿番組にしていくとの考えから、あえて番組名を変更せずに再開することにしました。

放送記者
放送記者 小野省治

「市長が語る」より
「市長が語る」より

3月中旬から収録を始めましたが、これまで市原市長と1対1で話をする機会がなかったため、会話が弾むかどうかが心配でした。ところが…。

すでに番組をご覧になられた方も多いと思いますが、ほとんど撮りなおしはなし。特に、第1回放送(4月4日〜17日)では、医師時代のエピソードや政治家への転身、つくばに対する思い入れなどを聞く中で、市原市長の人柄を引き出せたと思います。

しかし、「市長が語る」はこれからが本番です。市民と市長が話をする機会は、多くはありません。そこで、番組を通して市長に聞いてみたいことを市民に代わって聞いていきます。

8月24日にはつくばエクスプレス(TX)が開業します。つくば市発展の大きな起爆剤となるTXへの取り組みなど市政課題は山積しています。市政の現状や課題などを勉強し、内容の濃い番組にしていく覚悟でいます。ご期待ください。

2005年5月31日

「市長が語る」の放送時間:チャンネルつくば702 12:15〜12:3022:45〜23:00

※チャンネルつくば702は、ACCSTVにご加入の方がご覧いただけるチャンネルです。

◎このコラムでは、つくばのケーブルテレビACCSのスタッフが放送現場の話題をお届けしていきます。

バックナンバー(2010年2月まで)へ