ACCSキャンペーン
つくばもん
読み物
カメラの向こう側 〜つくばのケーブルテレビから〜

第33回 犬愛と書いてワンラヴ♪

『犬のウンチ拾い競争をしますよ!』という連絡を受け、私達はその現場へ取材に赴きました。暖かい土曜の昼下がりでした・・・。
そこには、ミニチュアダックスをはじめキュートなワンちゃんたちが勢ぞろい。そして明るく愉快な飼い主さんたち…。

今回のウンチ拾いの最終的なイベント名は「P-1GPつくば」でした。P-1の「P」は、Pooch(英語で犬や、そのフンを指すらしい)の頭文字をとったもの。そして、その収穫量(?)No1を競うという意味で、「P-1グランプリ」としたらしいです。結局はウンチ拾いのボランティアなのですが、同じ内容でもネーミングでガラっと変わりますね。そのうえ主催者さんは、収穫量の多かった人のために賞品を用意してきたというのですから、面白いですよね♪

水野奈美
リポーター 水野奈美

実際ウンチ拾い中の人にインタビューしてみると、ほとんど収穫はなかったとのこと。現場となった中央公園はウンチ汚染が少ないということですね。これは良いこと。でも一方で、ウンチ以外のごみ、空き缶とかお菓子の袋とか・・・そういうゴミの方が多かったみたいです。これは残念ですが…みんなの心掛けが必要ですね。

今回のイベントを行ったのは、「犬愛」と書いて「ワンラヴ」と読む愛犬家グループ。愛犬家がしっかりマナーを守って犬を飼うことにより、地域社会との交流を図ろうと活動をしています。まだまだ活動は始まったばかりですが、犬の散歩をしながら防犯パトロールをしようという「ワンワンパトロール」など、地域社会のために色々なボランティアが広まりつつあるということです。楽しく気軽にボランティア!できることから始めよう!

2007年6月28日

◎このコラムでは、つくばのケーブルテレビACCSのスタッフが放送現場の話題をお届けしていきます。

バックナンバー(2010年2月まで)へ