ACCSキャンペーン
つくばもん
読み物
子連れ主婦のお気楽グルメ日記 依田 直子

第1回 カフェ編

若い頃(こう書いちゃう自分が悲しい・・・)、ずいぶん遊んだ。
海外旅行に行きまくり、おいしいものを毎日のように食べ歩いたりもした。
けど結婚して、子供ができちゃったりするとね・・・
なかなか、思い通りにできないわけ。
でもね、コレじゃいけないのよ。
だって、子連れだっておいしいものをいっぱいいっぱい食べたいもの!
きっと賛同してくれるママ友もいるはず!

ということで書き始めたグルメ日記。
意外と(?!・・・失礼)この辺りって、おいしくて、すてきなお店が多いの。
子連れで行けるかどうかは、個人の判断基準の違いもあるけどね。
私の場合、ほとんど連れて行っちゃうかな?
そりゃぁ、お店にいやな顔をされることもあるし、まわりから迷惑顔をされることもある。
だけど、「ごめんね〜」って頭下げちゃう。
自分なりに(←ここがポイント)まわりへ最大限気をつかい、おいしいものを食べて、育児のストレス解消をさせてもらっている♪って感じかな。

今回のいちおしは、カフェ。
ちょこっと前から、デザイナーズカフェやら癒し系カフェなど、雑誌等のマスメディアで騒がれ始めた存在だ。
最近のアルバイトしたい職種ナンバー1は、カフェの店員さんだったりもするらしいから、みんなの注目度はピカイチだと思う。

でもって、この辺りで私がよく行くのは、
しっとり珠玉のコーヒーを味わう「なかやま」
(ソファ席がゲットできれば、子連れでもなんとか)とか、
パフェが魅力の「カフェ de エレガンス」
(カップルというより女性客が多いから、子連れに寛大な気が)、
明るくて開放的な雰囲気の「ナチュール」
(公園そばだから、子供を思いっきり遊ばせて、寝せちゃってから来るとか)や
紅茶の「花水木」(店内の階段がくせものだけどね)など、挙げればキリがないくらい。

でもって、最近面白いなぁって思ったのが「PLUS-1 CAFE GARDEN」。
まさに、いまどき!を地でいっているようなカップル向きのカフェ。
値段は高めだけど、ホットアップルパイは絶品だし、流行りのオープンテラスもある。
もしかして、私、絵になってる?
なんて自己満足の世界に浸れること間違いなしのシチュエーションだ。

うって変わって、マイブームは、木のぬくもりとマスターの人柄でくつろげる癒し系カフェ「パームズ・ベイ」。
ここのバリエーションコーヒーは、とにかく飲んでみるべし!
日替わりメニューだけど、チョコレートシフォンケーキもはずせないよ。
さ〜て、明日はどこへ行こうかな?

2003年8月25日

依田直子さんのプロフィール


フリーの旅行ライターとして、昭文社の「マップルマガジン」や「個人旅行」海外版を編集プロダクション、K&Bパブリッシャーズを通じて執筆。
株式会社るるぶ社勤務を経て、現在はWEBサイトを中心にフリーライターとして活動中。

バックナンバー(2010年2月まで)へ