ACCSキャンペーン
つくばもん
読み物
子連れ主婦のお気楽グルメ日記 依田 直子

第5回 フレンチ編

先日、フランスのニースへ行って来ました♪
海外旅行が大好きで、渡仏はこれで9回目。
というわけで(ってどういうわけじゃ!)、今回はマイモードなフレンチバージョン。
子連れで行きにくいイメージ「ナンバーワン!」のカテゴリーかも?
しかし、お気楽主婦はガン!ガン!行きますよ〜(笑)

まず最近のヒットは、「バスティーユ」。
フレンチを気軽に楽しめる価格設定と明るく開放的な店内は、
子連れにとって、とても魅力的なポイントなのよねー。
広くて清潔なお手洗いも、子供と一緒に入ることが多いママには、うれしい配慮だし。
地鶏とエリンギのソテー黒米のリゾット添えは、鶏の皮がカリッカリにソテーしてあって美味。
最近つけ合わせとして流行の黒米のリゾットも、他店のモノより優秀だったなぁ・・・
具だくさんのスープ、サラダ、メイン、選べるデザートとドリンクで1200円のランチはおすすめよ〜。
安定した実力が魅力なのは、「グルマン」。
ここは丁寧に作られた魚料理がイチオシ!
白身魚のムース詰めバター焼きアーモンド風味は、淡泊な白身魚がメインとは思えない濃厚な味わい。
落ち着いた店内ながら、子連れに優しい雰囲気も高ポイントだ。
お店の前に小さい公園があるので、子供の体力を発散させてから入店!という技も可能。
子供が席にじっと座って食べられるようになったら、「ビストロ パスパス」。
えぞ鹿のステーキ黒こしょう風味は、「か・な・り」いい感じ。
付け合わせのリンゴのピューレとの好相性に、思わず笑みが・・・
大きめの窓から見える田園風景もステキ。
セットメニューのボリュームは少な目なので、女性同士のお上品な会合向きかもね。
おしゃれな「Lyon de Lyon」は、子連れだったらランチが狙い目。
1300円のコースで食せる地鶏ローストバルサミコソースは、
肉汁のジューシーさとバルサミコの酸味、マッシュポテトのクリーミーさと
それに振りかけたパン粉をこんがり焼いたカリカリッとした食感、
付け合わせのサラダに散らしたレッドペッパーのスパイシーな後味、
といった具合に色々楽しめる秀逸な一皿。
盛り合わせがとってもキレイなアボガド・カニ・エビのカクテルも、
華やかな気分になれておすすめよー♪

2003年12月22日

依田直子さんのプロフィール


フリーの旅行ライターとして、昭文社の「マップルマガジン」や「個人旅行」海外版を編集プロダクション、K&Bパブリッシャーズを通じて執筆。
株式会社るるぶ社勤務を経て、現在はWEBサイトを中心にフリーライターとして活動中。

バックナンバー(2010年2月まで)へ