ACCSキャンペーン
つくばもん
読み物
子連れ主婦のお気楽グルメ日記 依田 直子

第6回 中華編

ママ友と「どこかへ食べに行こう!」という話になったとき、
中華って案外チョイスされることが少ないんじゃない?
一般的に堅苦しい雰囲気の所は少ないし、大人数でシェアして食べると楽しいのに・・・
子供と2人でお食事♪なんて場合にも、ランチだったらセットメニューが充実。
飲茶セットがあったりすると、1人分でも、充分いろいろなお料理が楽しめちゃうのにね。
スープや豆腐料理、麺類やおかゆ等、意外と小さな子供の食べられるものが多いのもポイント。
余談だけど、お気楽主婦は子供が10ヶ月の時から子連れ旅行に行きまくり♪
そのうち3回ほど台湾へ行ってるんだけど、
毎回、食事面でホントーに子供に優しい国だなぁ♪って思うのよねー。
親がうれしくなるくらい、ワシ!ワシ!食べてくれたもんね(笑)
このグルメ日記を読んで、子連れ中華に開眼!なんて人が大量に発生することを願って、
今回のテーマは「中華」で行きましょー。

大角豆交差点そばで、けっこう目立っている「中華家郷菜 鉄りゅう山」。
韮鉄餃子が名物だけど、個人的にはワンタンスープ広東式がおすすめ。
点心師、郭さん特製のワンタンにエビ、鶏肉、イカ、
野菜の具だくさんスープで、薄味の体に優しい系のお味。
たっぷり豆腐が食べられる五目海鮮豆腐も、家族連れにはうれしいメニューだ。
お座敷席もあるから、小さいお子ちゃま連れでも安心よ。

昨年オープンした、土浦学園線沿いの「李厨房」にも注目。
午後5時まで食べられるランチや298(ツクバ)円のつくばランチなど、家計に嬉しいサービスが。
鶏肉とセロリを使ったあっさりとした餃子、薄皮鶏餃子(3本)780円が名物なんだけど、
上からかけられて出てくるチリパウダーが子連れにはくせもの。
ピリカラ系がお好きな方は、「別皿に・・・」と始めにリクエストしておくと、
子供も食べられてグー。

オークラフロンティアホテルつくば・アネックス2階の「桃花林」は、
ちょっと高級感が漂う名店。子連れならランチが狙い目かな。
とは言え、未就学児連れはOKか聞いてみたところ、「そういった制限はございません」とのこと。
ディナーでも、ママの覚悟次第ということでしょうか(汗)
ランチの飲茶セット(860円)は、中華風サラダ、スープ、焼売、春巻、又焼のパン包み、中華風ちまき、
杏仁豆腐とボリューム満点。特に、パリッパリで薄すぎず厚すぎない春巻の皮が絶品なの。
また、ここでは極上のサービスも楽しみたいもの。
絶妙のタイミングで食卓に並ぶお料理、小皿の追加。
おしぼりやお茶のポットサービスも、デザート時には全て新しいものに交換してくれる。
食後にさりげなくつまようじが添えられ、お会計時は1000円以下なんて、
このサービスは特筆モノだと思わない?

2004年1月26日

依田直子さんのプロフィール


フリーの旅行ライターとして、昭文社の「マップルマガジン」や「個人旅行」海外版を編集プロダクション、K&Bパブリッシャーズを通じて執筆。
株式会社るるぶ社勤務を経て、現在はWEBサイトを中心にフリーライターとして活動中。

バックナンバー(2010年2月まで)へ