ACCSキャンペーン
つくばもん
読み物
子連れ主婦のお気楽グルメ日記 依田 直子

第12回 ケーキのおいしい店編

「おいしいケーキが食べたーい!」と思い立った時、皆さんはどこへ行くのでしょう?
妊婦になる以前、毎夜赤ワインをたしなんでいたお気楽主婦は、
どこぞの女優さんの様に「私の血はワインでできているの♪」
と言っても過言ではない程の無類の酒好き(汗)
がしかし、お酒も好きだけれど、甘い物もだ〜い好きな両党使いなの♪
これじゃぁデブるのも仕方ないよネー、売約済みだし・・・(だんな様ごめんなさい!)と
何度自分をなぐさめてきたことか・・・
「なぐさめるのかよ?!」という、さ●ぁ〜ず三●バリのツッコミはおいといて、
今回のテーマは「ケーキのおいしい店」。
ただし、小さくても繊細で素材にこだわったケーキ好みな人もいれば、
大きさ重視、コストパフォーマンス重視な人もいて、好みのケーキは人それぞれ。
あくまでもお気楽主婦の個人的主観のもと、勝手気ままな断言口調で行きましょー。

まずは、大御所的存在「コートダジュール」。
いつ買いに行っても人が並んでいる気がするのは私だけ?
お気に入りは、パリジェンヌ315円。
クレープとクリームが幾層にも重なり、間にバナナ、キウイ、イチゴがたっぷり。
文字にすると、かなりズッシリ甘めタイプを想像しちゃうと思うんだけど、
意外とパクパクいけちゃう軽さも魅力かな。
お子ちゃまウケもバッチリよ。
自分のお誕生日に、ホールで買ってきて1人幸せをかみしめた経験あり♪の一品。

コートダジュールの系列店、カフェ「ラ・ヴィ・プロヴァンサル」では、
又ひと味違ったケーキが楽しめる。
見た目がとっても華やかで、ボリュームアップした分スポンジが多め、
トッピングはたっぷりのフルーツ♪って感じが多いかな。
テイクアウト形式で使えるオープンカフェスペースは、子連れに大人気なのよねー。
やっぱり、子供のたてる音を気にしないでママが外食を楽しめる環境!って
ホント大事だと思う。もっと、こういうおしゃれなお店が増えればいいのに〜。
店内では、ショーウィンドゥのケーキの他、バリエーションに富んだソースでアレンジされた
これまた魅力的なデザートが。
苺ムース、タルト、クレープの3種を盛り合わせた苺盛りデザート680円のプレート上は、
フレッシュな苺・苺・苺のオンパレード!苺好きにはたまりません。

創作菓子工房「ダンデライオン」は、リピーターの多い人気店。
店内のカフェスペースは、小さいけれどテラス席ありが子連れにうれしいポイントなの。
ダークチョコとバナナソテー入りバニラクリームをフワフワシフォンでサンドしたケーキ、
ミュール315円は手の込んだ作品でお味もグッド。
クリーム系が苦手な人には、マロニエ315円がおすすめかな。
丹波産渋皮煮マロンが秀逸で、和菓子を食べているような一品。

その他にも、洋酒の効いた大人味好みな人に人気のある「フレッソン」や、
ヘルシー嗜好でシュークリームの皮がパリッパリで人気の「モンサンミッシェル」、
県外の人にも知名度のある「シーゲル」には、
小さいけれど宝石のようなクオリティーの高いケーキが並び、
「グランシェフ」では、これぞ本職が作る家庭のケーキ!という親しみのある味が楽しめるなど、
つくばには特徴のあるおいしいケーキ屋さんがた〜くさん♪
書き始めると止まらないので、今日はこのへんで・・・(笑)

2004年7月26日

依田直子さんのプロフィール


フリーの旅行ライターとして、昭文社の「マップルマガジン」や「個人旅行」海外版を編集プロダクション、K&Bパブリッシャーズを通じて執筆。
株式会社るるぶ社勤務を経て、現在はWEBサイトを中心にフリーライターとして活動中。

バックナンバー(2010年2月まで)へ