ACCSキャンペーン
つくばもん
読み物
子連れ主婦のお気楽グルメ日記 依田 直子

第13回 お寿司編

子連れ主婦の外食にお寿司、ひと昔前はとっても敷居の高い存在だったんだろうなぁ・・・
回転寿司が建ち並び、ソファーのボックス席・ファミリーシートが常設されたスーパー回転寿司を
街のあちこちに見かけるようになった今、「子連れでお寿司♪」は、もはやファミレス感覚よね?!
そりゃぁ、何年も修行した職人さんがカウンター内で握ってくださる
こ・だ・わ・りのお寿司と比べちゃったら(比べるな?)、
ネタの鮮度やクオリティー等お話しにならないかもしれない。
でも一般ピープルであるお気楽主婦にとっては、お皿を見れば一目でわかる明朗会計!
子供にもお腹いっぱい好きなものを食べさせてあげられる「流れるお寿司」が大好きなのさ。
ビバ!回転寿司♪って感じかな。
ということで、今回のテーマは「お寿司」。

西大通り沿いに昨年11月オープンしたスーパー回転寿司「やまと」は、
広い店内に生け簀があり、新鮮な活〆がいただける本格派。
まぐろ189円、いくらやあなごが294円と、一皿100円均一の回転寿司よりはお高めだけど、
その分お味やボリュームも◎。
中でも、活〆ひらめ399円はやわらかくトロトロでおすすめ。
かんぱち294円も、厚みがあり食べ応え充分な一皿よ。
厚焼き玉子126円は、娘に大好評♪
家族で食べに行くとけっこうな金額になってしまうので、食べ盛りの子供だけには、
ちょびっと何かを食べさせてから行く!という節約ママの裏技もありかな?!

回転しないお寿司が子連れで食べたい!って時は、土浦学園線沿いの「天龍本店」。
靴を脱ぎ、鍵付きの下駄箱に入れてから上がる乳幼児連れにうれしいお座敷タイプの店内だけど、
個室感覚のテーブル席もあるので、じっとしていない子供が心配なファミリーでも安心よ。
お得感のある宴会コースからつまみの一品料理、お弁当からお寿司まで、
和食なら何でもありありのファミレスっぽいけれど、ここのお寿司はあなどるなかれ。
上にぎり寿司1650円は、普段の外食では高〜い(泣)と及び腰になりそうな価格帯。
でも、つくばで食べられるお寿司の中では、秀でた存在の一品なのよ〜♪
口の中でトロける新鮮なネタは、グルメ話の種にも是非トライ!
単品では、いくら250円、かんぱち200円と無難なプライスかな。
一般的に、巨大な穴子がびろ〜んとシャリに乗っかっている姿にぎりは、
お味うんぬんの前に、そのグロテスクな見た目にうんざりしちゃうことが多いお気楽主婦。
ここの穴子姿にぎり980円は、押し寿司ちっくにカッティングされていてとってもオシャレ。
小骨が苦手な娘でも、パクパクいけちゃうおすすめメニューなの。

場所柄、休憩にも使えちゃうのが、LALAガーデンつくば内の「平禄寿司」。
ティーブレイクの店舗チョイスに、ファーストフードやコーヒー専門店だけじゃなく、
回転寿司を入れちゃうのも子連れ主婦の小技のひとつよ。
当然緑茶は飲み放題だし(笑)、回るお皿は子供にとってイベント感覚。
甘いケーキ等を食べるよりは、新鮮なお寿司をちょっぴり食べる方がヘルシーでしょ。
一皿100円、200円のメニューが多く、
子連れ主婦にも気軽に入れる価格帯というのも高ポイントなのよねー。

2004年8月23日

依田直子さんのプロフィール


フリーの旅行ライターとして、昭文社の「マップルマガジン」や「個人旅行」海外版を編集プロダクション、K&Bパブリッシャーズを通じて執筆。
株式会社るるぶ社勤務を経て、現在はWEBサイトを中心にフリーライターとして活動中。

バックナンバー(2010年2月まで)へ