ACCSキャンペーン
つくばもん
読み物
子連れ主婦のお気楽グルメ日記 依田 直子

第18回 焼肉編

外食といえばイコール焼肉♪
と自動的に脳内変換される人がお気楽主婦の周りにもチラホラ。
炭火でジュッ!と焼き、ほどよく脂の落ちたお肉をサンチュで巻いて食べる至福の瞬間は、
なかなか家庭で再現できないものがあるのよねー。
だからわかる気もするけど(笑)
しかし、煙やニオイが服に付いたりするのが気になる女性も多いんじゃないかと・・・
ちょっぴりオシャレをしてきたのに、行き先が焼肉屋さんだったりすると、
「前もって言ってよねー・・・」と心の中でつぶやいてみたり。
そんな経験があるのは私だけじゃないはず。
紳士の皆さん!女性の服装を見てから誘いましょうね♪

また焼肉屋さんの店内は、食べ物の焼ける音や
それに負けない話し声で賑やかなことが多いため、
子供のたてる音を気にしないですむかな?
と安易に子連れ向きだと思っていません?
繊細な赤ちゃんだと、煙やニオイ、その賑やかな異世界に驚き、
ぐずって泣き出してしまうことも。

ということで、牛タンが大好物なお気楽主婦は、
つくばで焼肉と言ったら天久保の「太助」ははずせないでしょう・・・
と言いたいところをグッと我慢!
お味は天下一品でも、煙モクモク、店内狭めでツメテツメテ!!
なんていうお店ではなく、多少お高くてもお肉がおいしく、
空気がキレイでヒューマンスペースの広いお店を紹介していこうかなと。
そんなこんなで、今回のテーマは「焼肉」。

お財布の中身に余裕があれば、おすすめは東大通り沿いの「沙羅峰(サラボン)」。
でもお気楽主婦的には、諭吉さんが飛ぶ飛ぶのこちらは少々キツイものが・・・(汗)
で、なんとか手が届く価格帯が魅力的なのは、天久保の「大栄閣」。
広い店内にはファミレスタイプのソファー席とお座敷があり、
子供の年齢に合わせてお好みでチョイス。
本格的な炭火焼肉のわりには煙が少なく、店内の空気はクリーン。
だから、ニオイもほとんど服に付かない。
気になるお値段は、焼肉セット(カルビ・ロース・ハラミ・トリ焼・野菜焼)で3500円。
単品でオーダーすると上カルビ1皿が1700円だから、
お会計時のことを考えるとやっぱりセットものはお得感があるかな。
しかし、文字通りお肉に「上」が付くか付かないかのクオリティー差は歴然!
その辺りを考慮して、バランス良くオーダーしましょ♪
おこげ好きにはたまらない、石焼きビビンバ1350円もウルトラおすすめよ。
かなり辛めの仕上がりになっているため、子供とシェアするつもりなら、
その旨を店員さんに伝えて辛みを抜いてもらう手もあり。

家計に優しいのは、チェーン展開している「みらく亭」。
セットメニューが豊富で、デザートの抹茶アイスが魅力的なの。
私的には、辛みの強いカルビスープがお気に入り。

サイドオーダー重視の場合は、お高めだけど二の宮の「ハンアリ」。
ここのチヂミは本当においしいのよネ〜♪

2005年1月24日

依田直子さんのプロフィール


フリーの旅行ライターとして、昭文社の「マップルマガジン」や「個人旅行」海外版を編集プロダクション、K&Bパブリッシャーズを通じて執筆。
株式会社るるぶ社勤務を経て、現在はWEBサイトを中心にフリーライターとして活動中。

バックナンバー(2010年2月まで)へ