ACCSキャンペーン
つくばもん
読み物
子連れ主婦のお気楽グルメ日記 依田 直子

第28回 カフェ編2

ふと気がつけば、記念すべき(?)グルメ日記第1回「カフェ編」から、
早いもので2年以上が経ってしまったんですねぇ・・・
その間、LALAガーデンができ、西武がリニューアルし、Q't(キュート)がオープン。
つくばエクスプレスまで開通して、センター付近は大きく様変わりをした気がします。
もちろん、グルメスポットも「か・な・り」増えてうれしい限り♪
しかし、第1回「カフェ編」にもご紹介させていただいた、
お気に入りの癒し系カフェ「パームズ・ベイ」のように姿を消してしまったお店も・・・
閉店の話が某グルメ系掲示板に掲載されると、
お店のファンであった人たちが、
各自最後のひとときを楽しみに行こうとするほどの名店でした(泣)
ということで今回は、良くも悪くもバージョンアップした「つくば」に対応し、
2005年度版の隠れ家的という言葉がピッタリの2軒を
「カフェ編2」としてお届けしたいと思います。

天久保3丁目にある「CAFE JOURNAL」は、
明るくポップなファーニチャーが印象的なスペースと、
ウッディーでアンティークな雰囲気が漂うスペース、
入り口を境に2つの空間を合わせ持つスタイリッシュなカフェ。
筑波大に近いこともあり、学生さんらしき人が多いのも特徴的かな?
11時〜15時までの日替わりランチメニューも、ごはんSET1000円、カレーSET950円、
スープSET950円やパスタSET950円と充実♪
とある日の1番人気のごはんSETは、
鶏肉のカリッと揚げスウィートチリマヨソース・
さつまいものハニー醤油煮・ライス(五穀米)・サラダ・ドリンク・
ミニデザート(黒蜜ときなこのプリン)付きと
食欲旺盛な1歳2ヶ月男児とシェアして食べても満足のボリュームある内容。
メインの鶏は、スウィートというだけあってチリマヨソースでも辛みが少なく、
子連れにはうれしい味付けよ。

大角豆の「MEMORIES」は、オーナーは彫刻家、奥様はシルバーアクセサリーのデザイナー、
お店は設計を学んでいる娘さんの手がけたデザインという
芸術一家が奏でるアンサンブルから生まれたカフェ。
むき出しのコンクリートブロックと白い壁に囲まれた店内に、
どこか懐かしい感じがする木製のテーブルと布製の椅子、
とてもとても大きな窓から見渡せる原野は、まるで一枚の絵画のよう。
某誌には紹介されていたから知っている人も多いかもしれないけれど、
小道を入り込んだ少々分かりづらい場所にあることから、隠れ家的な雰囲気がプンプン。
11時半〜14時までのランチタイムは、ごはんセット1260円(おかずの盛り合わせ大皿・
おかわり自由なご飯・汁もの・デザート・珈琲or紅茶)が、
14時〜17時半までは、自家製おやつやドリンクがサービスされる。
お気楽主婦がおやつセット840円(自家製ケーキや季節のフルーツなどが盛られた一皿・
ドリンク)をチョイスした日は、6歳女児でもおいしくいただけるガトーショコラと
しっかり表面が焼かれたクリームブリュレ、大人味ないちぢくのワイン煮(季節限定)を堪能♪
ママ友との集合場所に困ったときには、
ちょっぴりつくば通を気取って紹介してみるっていうのはいかが?

2005年11月28日

依田直子さんのプロフィール


フリーの旅行ライターとして、昭文社の「マップルマガジン」や「個人旅行」海外版を編集プロダクション、K&Bパブリッシャーズを通じて執筆。
株式会社るるぶ社勤務を経て、現在はWEBサイトを中心にフリーライターとして活動中。

バックナンバー(2010年2月まで)へ