ACCSキャンペーン
つくばもん
読み物
子連れ主婦のお気楽グルメ日記 依田 直子

第31回 待たずにランチ♪編

「子連れで外食となると、ついファーストフードを選んでしまう」
というのは、よく聞く話。
「子供が騒いでも気にならないし、食事が出てくるまでの待ち時間もない。
何より子供が喜ぶ♪のよねー・・・」
との意見に、「ですよね〜♪」とお気楽主婦も思いっきりうなずいてしまうひとり。
でも、たまに親の私がどうしてもあのメニューに気分的NG!な時もあって・・・
そんなときは、せめて待たずに食べられるお店をチョイス。
誰でも思いつくのはバイキングだと思うけれど、
あれはあれで楽しいの反面、
好みの料理を自分で上手にサーブできない子供達に付き合い、
何度も席を立つのがちょっと億劫との意見も。
親1人に対して子が2人なんて場合には、
席に片方を置いていくのも何をしでかすかわからない年齢だったりすると心配だしね。
ということで、今回のテーマは
「ランチ限定♪座ったまま待たずに食べられるお店」。

子供が小さいうちは、大人の料理を取り分けることも。
となると、薄味の家庭料理が一番!
それを外食で実現してくれるのが、テクノパーク桜内の「季菜」。
こぢんまりとした店内だけど、窓を上手に使って明るく、
初めてでも入りやすい雰囲気よ。
ベビーカーの持ち込みもOK!
メニューは本日のランチ900円のみだから、
店外の黒板で内容をチェックしてから入店しましょうね。
優しそうな奥様に「お食事ですか?」と確認されたあと、
あっという間に、豚肉のマッシュポテトはさみカツ風(ノンフライ)、
切り干し大根の煮物、ご飯、お味噌汁とお漬け物がサーブされました。
これがまた、上品なお味で家庭料理の鏡っ!って感じなのよ。
食後にタイミング良く出されるコーヒーも、
ぬくもりのある個性的なカップにたっぷりめに出てきて好印象。
このメニューにこのお味、この早さだったら、
お仕事中のランチと思われる制服姿の女性やおじさまが店内に多いのも納得よねー。

土浦学園線を水海道方面に向かい右手に見える「Cafe たかじん Bistro」は、
白い壁の外観が目を引くオシャレなお店。
一見子連れで入りづらそうに思えるけれど、
「お子様からお年寄りまで、くつろいでいただきたい」という
アットホームなところなの。
夜の多彩なメニューは、リーズナブルな価格設定でうれしい限り。
ランチのオススメ、健康食和膳1000円(1日20食限定)は、
10種類の穀物の入った十穀米のバラエティー膳。
サラダバー・ドリンクバー・味噌汁付きのお得なメニューよ。
オーダーしたらすぐに出てくるし、ちょっともったいない気もするけれど、
バー系を捨てたとしても充分のボリュームあり。
卵焼きから大根の煮物といった家庭料理の定番から、
あたたかいお蕎麦やワイングラスに盛られた一口サイズのローストビーフまで、
その名の通り本当にバラエティー豊かな品々がいっぺんに楽しめます♪

2006年2月27日

依田直子さんのプロフィール


フリーの旅行ライターとして、昭文社の「マップルマガジン」や「個人旅行」海外版を編集プロダクション、K&Bパブリッシャーズを通じて執筆。
株式会社るるぶ社勤務を経て、現在はWEBサイトを中心にフリーライターとして活動中。

バックナンバー(2010年2月まで)へ