ACCSキャンペーン
つくばもん
読み物
子連れ主婦のお気楽グルメ日記 依田 直子

第33回 香港グルメ編

1997年7月1日、イギリスから中国に返還された香港。
その前後に巻き起こった一大香港ブームから、
もう8年以上もたってしまったんですねぇ・・・
そして、なんと今年は香港政府観光局が認める「2006香港旅行年」とのこと。
昨年オープンした香港ディズニーランドもあり、話題性もバッチリですっ!

・・・とまぁ、そんなことには全く関係なく(笑)、
思いっきりグルメな(単なる食べ過ぎ?な)旅へ、6歳&1歳の子供を連れ、
「ただひたすら休みたい・・・」とのたまう自称過労死寸前の旦那様をお供に、
3泊4日で行ってまいりましたぁ♪
グルメ日記番外編(詳細は第32回参照)ということで、
お時間のある方は是非ぜひお付き合いくださいませ〜。

★香港の風景

九龍側から見た香港島

チムサアチョイ・プロムナード
「ジャッキー・チェンの手形」

ワンチャイの大通り

でも1本奥に入ればこんな街並み

まずは、お台場にも支店を持つ有名店「鴻星海鮮酒家」。
1986年にオープンし、今や香港に12軒の支店を構える名店で、
2003年には香港料理大賞も受賞している実力派なの。
香港で唯一味わえるというおこぜ料理も魅力的よ。
白く濁ったおこぜのスープは、魚臭さがなくて子供にも大好評だった一品。
オーダーしてからサーブされるまでにちょっと時間のかかるおこぜのちまきは、
ショウガの利いた超おすすめメニュー。
自然のうまみがギュ〜っと凝縮されていて、こちらも子供がパクパク完食。
おこぜの春巻きは、ヨーグルトっぽい酸味の利いたクリームと
カボチャの甘みがミックスした、今まで食べたことのない不思議な味わい。
これぞ海外旅行の醍醐味ってヤツです、はい。
おこぜ料理以外だと、白菜の旨煮が絶品!!
どうしたらただの白菜がこんなにおいしくなるの〜?と
ひたすら感動しちゃいました。
豚肉と揚げ豆腐の炒めも洗練された味わいで、
上品な中華料理が楽しめるまさに香港ならでは!って感じかな。
他にも、子供用にとトウガン入りの炒飯(さっぱりしていてグー!)や旦那様のビール、
各自のソフトドリンクなどをオーダーして、お会計は約8500円(HK$531)。
手の込んだ多彩な味をおなかいっぱい楽しんだ我が家的には、
大満足のコストパフォーマンスです♪

★鴻星海鮮酒家

おこぜのスープ

おこぜのちまき

おこぜの春巻き

白菜の旨煮

豚肉と豆腐の炒め

写真を撮るまで待てず、子供たちが食べてしまった
トウガン入りの炒飯(笑)

今回、どうしてもしたかった香港スウィーツを満喫できるデザートバイキング♪
そのために、出発前ダイエットを敢行したといっても過言ではありません(笑)
宿泊したグランドハイアットには、
おいしいと有名な「ティフィン」もあることだし・・・
とひとり目論んでいたのですが、そこはやっぱり計画の立てづらい子連れ旅。
その時間にホテルにいることができず、
いたとしても、おなかの空き具合と要相談状態だったりして泣く泣く断念。
夏の香港にリベンジ決定です!!
で、ちょうど甘い物でも食べたいなぁ・・・と家族全員の意見が一致したとき、
近くにあったのがペニンシュラ・ホテルだったのです。
ロビーラウンジは、高さ16mの天井で、
ヴィクトリア時代の宮廷を彷彿させる純英国風の贅沢な空間。
生演奏が流れる中、アフタヌーン・ティーを満喫してきましたよ♪
2人前(プラス娘用に1ソフトドリンクで約6500円=HK$412.5)で、
銀のティーポットでサーブされるたっぷりの紅茶と
かなりぎっしり中身の詰まったスコーン3個にサンドイッチ、
プチケーキやショコラ、3段トレー以外にも
冷た〜くて濃厚なティラミス(マイベストヒット!)などが付いてきて、
甘い物を力一杯食べたぁ・・・感が4人の中に漂います。
無理して食べちゃうにはもったいないクオリティーだから、
ほんのちょっぴり残した物はテイクアウトをオーダー。
立派な箱にリボンをかけて、
このままお土産にできそうな状態で戻って参りました(汗)

★ペニンシュラ・ホテル

ペニンシュラ・ホテルのロビーラウンジ

アフタヌーン・ティーの定番♪
3段トレーに乗った贅沢スウィーツ

子供用椅子も当然完備

辛くて子供が食べられない品の多そうな四川料理は、
子連れの外食でチョイスしづらいもののひとつ。
でも私自身は、辛みの利いた担々麺や麻婆豆腐が大好物なんですよね〜・・・
時々、無性に食べたくなる。
で、ちょうどそのサイクルがやってきてしまった香港では、
伝統的な四川料理である火鍋にトライしてきました。
日系のデパートをはじめ、ショッピングセンターが集まるコーズウェイベイ。
そこにある「満江紅」は、安くておいしいと地元でも評判の火鍋店なんです。
2階がレストランスペースのため、
ベビーカー族にはちょっとつらい急な階段をクリアすると、
思ったよりヒューマンスペースの大きい開放感ある店内。
数あるベースとなる鍋の中から、一つの鍋が真ん中で分かれ、
あっさりしたパイタンスープと激辛のマーラースープ、
2種類のスープが味わえる日本人にはお馴染みの鍋をチョイスし、
具を好みでオーダーしていきます。
「白菜や豆腐、肉系ははずせないでしょう?
そうそう、1歳児用に白身魚も忘れずにね!
締めは、ラーメン?ご飯?」
なんて、オーダーシートに自分たちでチェックしていく方式だから、
ちょっとした気ままで楽しいひとときまで味わえちゃいますよ♪
お味の方は、想像以上にマーラースープが辛〜いっ!
主人と子供たちは、ほとんどの食材をパイタンスープだけで食しておりました(笑)
食後に本気で胃薬を必要とするほど食べまくり、お会計は約7000円(HK$444)。
「遅めのランチだったから、夕食はいらないね〜」なんて夫婦で会話したはずなのに、
日が暮れれば、しっかり地元の麺粥屋に入店できちゃうあたり、
恐るべし火鍋の消化作用!さすが医食同源!
って、もしかして恐るべしマイ食欲!ってこと?????

★満江紅


ローカルで賑わう火鍋店「満江紅」


火鍋に入れた子供にも食べやすい白身魚


2種類のスープが味わえる火鍋


火鍋店のあるコーズウェイベイの街並み

2006年4月24日

依田直子さんのプロフィール


フリーの旅行ライターとして、昭文社の「マップルマガジン」や「個人旅行」海外版を編集プロダクション、K&Bパブリッシャーズを通じて執筆。
株式会社るるぶ社勤務を経て、現在はWEBサイトを中心にフリーライターとして活動中。

バックナンバー(2010年2月まで)へ