ACCSキャンペーン
つくばもん
読み物
子連れ主婦のお気楽グルメ日記 依田 直子

第44回 2006年オープンの店編

先日東京へ行った際、丸ビルで子連れディナーをしてきました♪
丸ビルってホントおしゃれで、特にディナー時にはどこへ入って良いのやら、
迷っちゃいますよね?!
お気楽主婦のオススメは、何度かお世話になっている
5階のベトナムフレンチ「Cassablanca Silk」。
数は少ないけれど、東京駅の夜景がキレイに見える
個室感覚なテーブルが予約できれば、
子連れでも「なんとか」おいしいディナーが楽しめます。
「なんとか」たる所以が気になるところだと思いますが(笑)
まず子供用の椅子や割れない食器、子供用のスプーンやフォークなどはございません。
丸ビル自体が大人用のスペースですから、
それはしょうがないとあきらめましょう・・・
しかし、パクチーなどの香草が苦手な場合の多いお子ちゃま連れの場合、
「このお料理は香草抜きで・・・」とメニュー単位でオーダーできるのは
高ポイントだと思われます。
予約時に7歳児と2歳児が一緒なことをお伝えしても、
断られませんでしたし・・・
ってな具合で、つくばよりかなり弱気なコメント(泣)
やっぱ、何度も言っちゃいますけど、つくばって子連れに優しい街ですよねー。
つくばラブ♪なお気楽主婦でや〜んす。

で、そんなつくばにて生春巻きやフォーなどのベトナム料理が食べたくなった際、
今ひとつ「これ!」というお店がないのがワタクシ的に玉に傷だったのですが・・・
やっと、オススメなお店が2006年8月にオープンしました〜♪
キュート3階の「ベトナムフロッグ」は、
新鮮な素材を使ったヘルシーなベトナム料理が楽しめる優良店です!
定番料理の海老と野菜の生春巻き〜ゴイクン〜850円に、
相性抜群の自家製ブレンド・ミソダレ(ぴりっと辛い味)や
ニョクマム(甘酸っぱい味・お酢とレモンなどで味付けしたさっぱりしたタレ)
をつけていただけば、お口の中はすでにベトナム!!!なんてね(笑)
海老のプリプリ感がたまらない南国風の前菜、アボカドと海老の梅肉和え850円は、
日本人好みにアレンジされていて、マイフェイバリットに即決。
自家製焼き豚と白葱の炒飯750円は白葱の風味が食欲をそそり、
子供達が速攻完食でした。
鶏肉のフォー〜フォー・ガー〜750円は、ほどよく香草が利いていて食べやすく、
さっぱりした味付けのベトナム風焼きそば・平麺の焼きそば850円は、
一皿のポーションが少なめのメニュー内でボリュームたっぷり感が光っているかも?!
炒めたてのシャキシャキ感がGoodな本日の青菜炒め850円にも、
プロの仕事を見た!って感じ。むっちゃ、おいしかったでふぅ☆

10月末に桜ニュータウン内にオープンした「WAIZO 和伊蔵 cuisine & wine」は、
店名の通り、イタリアンに和を取り入れた創作料理と世界のワインが楽しめる店。
木と塗り壁で仕上げた店内は、懐かしい感じがして個人的に◎。
個室タイプ席や半地下席などさまざまな空間があり、
子連れでもそれほど周りを気にせずディナーが楽しめます。
オススメは、茨城県産ローズポークのグリル ポルチーニソース1380円。
とろけるようなお肉と濃厚なソースは、ぜひぜひオーダーしてもらいたい一品っす!
蒸したつくば鶏の柚子胡椒風味サラダ仕立て780円や
小鯛のフリット フレッシュトマトソース1180円も、この店ならではの味わいで、
モルト ヴォーノ!(イタリア語で「とってもおいしい!」の意)
子供達には超濃厚なカルボナーラ1080円が好評で、
ほとんど親の口に入りませんでした・・・

2007年3月19日

依田直子さんのプロフィール


フリーの旅行ライターとして、昭文社の「マップルマガジン」や「個人旅行」海外版を編集プロダクション、K&Bパブリッシャーズを通じて執筆。
株式会社るるぶ社勤務を経て、現在はWEBサイトを中心にフリーライターとして活動中。

バックナンバー(2010年2月まで)へ