ACCSキャンペーン
つくばもん
読み物
子連れ主婦のお気楽グルメ日記 依田 直子

第45回 アジアンレストラン編

最近、我が家の2歳児がホントにヤヴァイです(泣)
とにかく、魔の2歳児を地でいってます。
ま、どれくらいヤヴァイのかを簡単に。

1.あやつにとって、玄関はゴミ箱です。
なんでも捨ててくれます。何度教えても、今のところ無駄です。
来客者は、見て見ぬふりをしてくれます。ありがとーーー!!!

2.まねっこが大好きです。
パパの芝刈りを熱心に見ていた彼。
ちょっと目を離した隙に、
自分で納戸から芝刈り機を出し、新築の和室の畳を刈ってくれました・・・ヨヨヨ

3.湯船で普通におしっこしてます。
せめて洗い場で・・・と、毎回思いますが、わかってもらえないもよう。
なにげにしてても、ママはだまされません。底が浅いです。

・・・語り出したら止まらないから、自主規制。
こんなヤツをディナーに連れて行っていいのか?と
いつも自問自答しています。
でも、行っちゃいます・・・それが、なにか?(笑)

で、このストレスとびみょーな関係を築いているのが、我が家の外食先チョイス。
ぶっちゃけ、辛い物食べて鼻の頭に汗かいて、「ぷはー♪」ってなりたくなるんです。
いつもの食卓とは、かなり違った物が食べたくなるんです。
というわけで、今回のテーマは「アジアンレストラン」でゴーゴー!

桜ニュータウン内、以前コラムで紹介したことのある「季菜」の場所に、
今年オープンした「プンプイ」は、
タイ料理を中心に楽しめる、ご飯派もアルコール派も大満足なお店。
本場の味を残しつつ、日本人向けに少しアレンジしたメニューが
お気楽主婦的にストライク!どれを頼んでも、めっさ美味よ。
特にお気に入りは美容効果が注目されている青パパイヤを使用した
青パパイヤの辛口サラダ840円。
何とも言えない食感と唐辛子の辛さ、ココナッツシュガーの甘さとレモンの酸味を
是非体験していただきたい♪
辛みの苦手な方は、オーダー時に調節も可能よ。
我が家の場合、辛みは控えめで・・・と頼んでも、
ドリンク類がススム、ススム(笑)
子供達用には、タイ風鶏チャーハン(目玉焼付)890円や
タイ風焼きそば840円が辛みの心配がなく安心。
意外なところでは、香ばしいタイ風ローストチキン740円が2歳児にヒット。
むしゃむしゃ喜んで食べてくれます。

つくばにいながらバリ気分を味わいたいときは、
今年1月26日天久保にオープンした「リゾート・ダイニング ジュプン」。
バリ直送のインテリアや調度品が配置されて、異国情緒たっぷり♪
本場バリ人のシェフが作るナシゴレン(バリ風チャーハン)850円は
さっぱりしていて食べやすく、ミー・ゴレン(バリ焼きそば)850円は
ソースの濃厚な味が楽しめます。
もちろん辛みがないので、子供達にも好評♪
辛みが食べたい大人向けには、トムヤンクンで煮たみたいな
ブ・サンプ・バシー(白身魚のスパイス煮)850円がオススメよ。
発汗作用がいい感じです(笑)
花丸をあげたいのは、デザートメニューの
ルンピア・ブアー(フルーツの春巻き・シャーベット)480円。
とってもおいしかったです!
ディナーの食事で訪れたため、2階へ案内されたけれど、
1階わら屋根の風情あるバリ小屋では、トロピカルカクテルが楽しめるのだとか。
子供が大きくなったら、あそこに座ってお酒が楽しみたいなぁ・・・

2007年4月16日

依田直子さんのプロフィール


フリーの旅行ライターとして、昭文社の「マップルマガジン」や「個人旅行」海外版を編集プロダクション、K&Bパブリッシャーズを通じて執筆。
株式会社るるぶ社勤務を経て、現在はWEBサイトを中心にフリーライターとして活動中。

バックナンバー(2010年2月まで)へ