ACCSキャンペーン
つくばもん
読み物
子連れ主婦のお気楽グルメ日記 依田 直子

第46回 ピザ編

我が家の子供達は、ピザがだ〜いすき♪
魔の2歳児度合いが絶好調な王子でも、
ピザを食べている時は「いつもより」静かです。
限りなくゼロに近い比較級ではありますが(泣)
特に最近、「自分で食べる!」ことに至上の喜びを見いだしている彼にとって、
ピザは堂々と手づかみで食べられる大満足の一品なのです。
スプーンやフォークを使って、
食べたい量を上手に口内へ到達させられる可能性はきわめて低いっすからねぇ。
お皿から小さいお口までのかなーり短い距離の間に、
大切な食べ物が落ちる落ちる。
ま、イライラしちゃう気持ちもよくわかるよ・・・(苦笑)
ってなわけで、今回のテーマは「ピザ」。

手代木にオープンした「TRATTORIA E PIZZERIA AMICI」は、
ピッツァ発祥の地、ナポリの職人が作った釜で焼くピッツァを中心に
ナポリ料理を提供してくれるお店。
店内に入ると、据えられた赤くキュートな大きい薪釜が目を引きます。
そして、とにかくマルゲリータ1470円(トマトソース・モッツァレラ・バジリコ・
グラナパダーノ・オイル)がおいしい!!!
薄くて、やわらかくて、素材の味がいきてます。
あんまりおいしくて、マルゲリータ クラシカ1785円(トマトソース・
水牛のモッツァレラチーズ・バジリコ・グラナパダーノ・オイル)まで
追加オーダーしちゃいましたよ♪
こちらは、1週間に2回届く水牛の乳から作ったモッツァレラチーズ使用の
珍しいピッツァとのこと。
ちょっと水が出てしまう感はありますが、
歯ごたえのあるモッツァレラの存在感を楽しめます。
前菜には、ナポリ名産 海草の入ったフリッター525円がオススメ。
子供には手づかみで食べられるし、
ふっかふかで磯の香りがプワ〜ンとしてウマウマ。
手打ちのキタッラやニョッキなどのパスタも自慢とのことだったので、
自家製手打ちめん 仔牛と野菜の煮込んだソース アブルッツォ風1575円もオーダー。
四角いめんで硬めだから、大人向けって感じかな?
私と天敵という名の旦那さんは、とってもおいしくいただけました。
オーダーしてからサーブまで、
ものすごーく時間がかかったけれどヒットだったのは、
岩手産白金豚のミラノ風カツレツ2310円。
パリッパリの表面が香ばし〜ぃ!
ジューシーな肉汁が口内にジュワ〜♪っと広がります。
こってり系のお味がお好みなら、
ナス・挽肉・ゆで卵の重ね焼き1260円もたまりませんよ。

最近、ついついニューなお店ばかりをご紹介しちゃうんですよねー。
やっぱり、老舗も忘れちゃいけません!
稲荷前の「チムニー・ギオット」は、
お得感のある価格帯で、おいしいイタリア料理を提供してくれる貴重なお店。
ガラス張りの厨房で焼くピッツァのお味に、リピーターが多いのも頷けます。
マイおすすめのクアトロフォルマッジ1380円は、塩味の四種類チーズピッツァ。
ゴルゴンゾーラ・リコッタ・マスカルポーネ・ピッツェリア用モッツァレラチーズが
たっぷりと楽しめます♪
タリアテレ(幅広パスタ) 海の幸のラグーソース1000円は、
イカ・タコ・海老等海の幸たっぷり♪
本日のスープ・サラダ・前菜の盛り合わせ・ドリンク・本日のデザート付きで
+580円をオーダーすれば、家計にも優しいお会計で
外食を締めくくることができるでしょう。
ちなみに最近いただいた本日のおすすめ料理、
ホロホロ鶏とじゃが芋のオーブン焼き1200円(ライスorパン付)や、
スズキと貝柱のムニエル1200円(ライスorパン付)は、絶品でした♪♪♪

2007年5月8日

依田直子さんのプロフィール


フリーの旅行ライターとして、昭文社の「マップルマガジン」や「個人旅行」海外版を編集プロダクション、K&Bパブリッシャーズを通じて執筆。
株式会社るるぶ社勤務を経て、現在はWEBサイトを中心にフリーライターとして活動中。

バックナンバー(2010年2月まで)へ