ACCSキャンペーン
つくばもん
読み物
子連れ主婦のお気楽グルメ日記 依田 直子

第56回 2007年オープンの店編

うちの3歳児は、とにかく8歳児のマイ姉が大好き♪
小学校から帰ってくるおねぃちゃんを、
「おかえぃ〜っ!(おかえり)」とマッハな速度で誰よりも早く玄関でお出迎え。
「ママに渡してね♪」と指令を受けた荷物を持たされ、
水筒などを首からさげられて、ニコニコしながら重そうにリビングに戻ってきます。
もちろん指令を達成した後は、速攻で姉の後ろに金魚のフン・・・

だからといって、おねぃちゃんが弟にとっても優しいというわけでもなく。
例えば・・・
兄弟で愛してやまないマクドナルドへ行き、
ハッピーセットで8歳児が選んだ付録のおもちゃより、
3歳児の選んだおもちゃの方が結果的におもしろそうだった時には、
「交換しよっ♪」とめっさ笑顔で弟に交渉。
3歳児は、言われるがままにわけもわからず、
気に入っていたおもちゃを姉に渡してしまい・・・
返して貰おうとしたら、
「これはおねぃちゃんのでしょっ!君のは、こっち!」と叱られる始末。
こんな具合に、かなりしてやられています・・・
でもって、よくもまぁそんなにボロボロと大粒の涙がこぼれるもんだ・・・
と不謹慎にも母が感心してしまうほど、よく泣かされているのですが(汗)

先日も、そんな主従関係のひとつを新たに垣間見た出来事が。
リビングテーブルのおねぃちゃんの指定席でおやつを食べていた彼は、
姉が帰ってくると、通常業務(?)をこなした後、
ダッシュで自分のおやつをひとつひとつ他の席に移動させていました。
うんうん、「そこはおねぃちゃんの席でしょ!(←誰が決めたの?)」って
いっつも8歳児に叱られているもんね・・・
でも、君もその席が好きなんだよね・・・
癒し系ヘタレちゃんの3歳児もなにげに学習しているんだぁ、ママはうれしいよ♪
とおもわず、その光景をなまあたたかい目で見守ってしまいました。
強く生きておくれ(笑)

2007年11月29日にオープンした「ラ ポルタ」は、
開発が進むTX研究学園駅前にできたイタリアンレストラン。
ホテルの一階にあるので、子連れで入りにくいかな?
と若干の不安を抱えて突入したところ、
シンプルで明るい店内にトラットリアの気軽さがあり、ランチは余裕でした♪
なんでも自分の前に置きたがるようになってきた3歳児に配慮してか、
シェア予定のお料理を3歳児前にサーブしてくれたのは、かなり助かったかな。
子供がご機嫌でいてくれること!
これが子連れ外食の成功への第一歩ですからね♪♪♪


アンティパスト

オーダーしたのは、直径28cmの薄めの生地で焼いた日替わりピッツァセットの
ピッツァプランツォ1500円(アンティパスト・
ツナとポテト、タマゴのチーズピッツァ・
チョコロールケーキ ヨーグルトムース添え・ドリンク)と、
シェフおすすめメインディッシュの付いたスペシャルセット、
スペシャルプランツォ2000円(アンティパスト・キノコとベーコンのスパゲッティ・
真鯛の香草ロースト カポナータ添え・焼きたてパン・
チョコロールケーキ ヨーグルトムース添え・ドリンク)。


キノコとベーコンのスパゲッティ

ツナとポテト、タマゴのチーズピッツァ

どのお料理も統一された上品な味わいで、ボリューム感はあるものの、
イタリアンのわりにスッキリとした印象の食後感だったのが印象的。
「パリッ!」とした食感のピッツァに、3歳児の食欲は燃え上がっておりました。


真鯛の香草ロースト カポナータ添え

チョコロールケーキ ヨーグルトムース添え

2008年3月10日

依田直子さんのプロフィール


フリーの旅行ライターとして、昭文社の「マップルマガジン」や「個人旅行」海外版を編集プロダクション、K&Bパブリッシャーズを通じて執筆。
株式会社るるぶ社勤務を経て、現在はWEBサイトを中心にフリーライターとして活動中。

バックナンバー(2010年2月まで)へ