ACCSキャンペーン
つくばもん
読み物
占い宝石箱 じゅりあん・やまもと

第16回 運気回復大作戦!

いつのまにか空は青く雲ますます白くすっかり秋の空になってしまいましたが
皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?
私は季節の変わり目のせいか体調を崩しその上先日の大雨の夕方、対向車と
事故ってしまいもう最悪!!六星占術では今年から大殺界突入、とのことで本当に
運に見放されてるのかしら・・・とちょっと落ち込み気味。
だけど私は占い師!こんな時こそ風水を活用して悪い運気を追い払って良い運気を
呼び込まなくては、というわけでちょっと運気回復のための風水を調べてみました。
そのいくつかを御紹介しましょう。

1)塩風呂で悪気退散

お風呂に入るとき湯舟の中に粗塩を軽くひとつかみ入れてからゆっくりつかります。
ただでさえお風呂は悪い気を洗い流してくれるのに、その上お清めの粗塩も入れる
のですからリラックス効果とあいまって運気回復間違いなし!
本当に悪いものがとりついてしまった時にはお酢を一本湯舟に入れる、という
入浴法もあrますが、お塩は身体を暖める作用もあるのでまずは塩風呂から
試してみてください。

2)香りをとりこむ

お線香といえば昔は抹香くさいものと相場がきまっていましたが、今では白檀や
ラベンダーなど香りが様々でたまには気分を変えて今日のお線香はバラの香り、
なんていうのも素敵なものです。香りが強く残りやすいインドのお香などに比べると
お線香は残り香も柔らかくて気にならす良い感じです。
実は香りというのも悪い運気を祓うための必須アイテムなのです。
ちょっと気分が沈んだとき好きな香水をつけたり、良い香りの入浴剤で気分転換を
したりという経験は誰にでもあると思いますが、実はとっても理にかなったやり方です。
百合の花やオレンジなど花や果物の香りで部屋を満たすのも良い方法。
お庭の金木犀をひと枝小さな花瓶にさして玄関に置いておく、なんていうのも
帰宅したとき良い香りに包まれて疲れがとれること請け合いです。

3)明るい色の服を着る

やっと季節も涼しさを増し秋色ファッションの似合う頃となってきました。
オリーブグリーンのセーターに茶系のチェックのスカート、黒いブーツ・・・
シックな秋の装いですが、実は風水的にはもうひとつなのです。
気持ちを晴れやかにしたい時、メソメソ気分にけりをつけたい時に
焦げ茶や黒い色を着て気持ちが引き立つでしょうか??
やっぱりオレンジや赤、ピンクなどの明るい色、華やかさをもった色の
方がテンションやモチベーションを高めるには最高です。
いつもそんな色着ないから恥ずかしいとかもう歳だからとか思わずに
まずはエプロンやパジャマを明るい色に変えるだけでもずいぶんと気持ちが
華やぐはずです。私は仕事に着る服は黒が多いのですが、黒は理性を
目覚めさせ秘密を守るという意味があるそうです。占いをするには最適な色
ですが、黒ばかりでは疲れている時には自分のエネルギーが枯渇しそうに
なるので必ず金色や赤のアクセサリーをつけるようにしています。
冷え症の人には赤い下着がお勧め、というのはあながちでたらめでは
ないようですしドクターコパさんの本には疲れた時は赤い色の食べ物で
パワーをつける、と書いてありました。色のパワーやエネルギーを
あなどることなく暮らしに活用して元気も運気もアップさせてみましょう。

さて占いのお店も独立して一ヶ月たちました。冷蔵庫もガスコンロもない
けれど落ち着いた穏やかな空間になりつつある、と自負しています。
メールや手紙でお祝いや励ましを下さった皆様にこの場をお借りして
御礼を言います。本当にありがとうございます!!
そしてこれからもより一層がんばりますので応援してくださいね。

おまけ−今月のラッキーさん

恋愛運 3月生まれ
仕事運 6月生まれ・9月生まれ
金運 9月生まれ・11月生まれ

2006年10月12日

じゅりあん・やまもとさんのプロフィール


読売新聞県南地区フリーペーパー<マイタウンネットワーク>紙上に占いを連載
週刊女性8/10号の袋とじ特集<当たる!と評判の占い師50人>に掲載される
カップリングパーティー エフ・ロード他のイベント等で活躍中
土浦市にて、占いの館 じゅ・ぴたーを開業中
手相・姓名判断・タロット・宿曜術占いが中心

バックナンバー(2010年2月まで)へ