ACCSキャンペーン
つくばもん
読み物
占い宝石箱 じゅりあん・やまもと

第33回 名前について

弥生三月春爛漫、3月に入ったとたんに日射しも暖かく、
風も柔らかになってきたようです。
お店のディスプレイも春らしく華やかで半袖や薄物など、
季節も先取りして女性の購買意欲をそそります。
白・黒・グレーなどの無彩色は他の色とあわせやすく着回しの
きく重宝な色ですが、せっかくですから春ならではの綺麗系の色、
ピンクやグリーン、イエローなどにチャレンジしてみてはどうでしょう。
ピンクは恋愛、グリーンは癒しや健康、イエローはご存じお金の
運気を上げてくれます。
関東の女性のファッションは関西に比べるとシックな色味の方が
好まれるようですが、運気アップとおしゃれの一石二鳥を
是非是非試してみて下さい。

さて最近育児雑誌の占いコーナーを担当することになり、
掲載誌が送られてきました。
赤ちゃんが表紙の育児雑誌を手にするのは何年ぶりでしょう。
内容はおでかけガイドやママ友グループ紹介など、私が子育てを
していた頃とさほど変わりはありませんでした。
隔日の感があったのは雑誌に出ている子供達の名前です。
紅葉(くれは)ちゃん、琥珀(こはく)ちゃん、久遠(くおん)君、麗妃(うらら)
ちゃん・・
皆さん凝った素敵なお名前の数々にびっくりしてしまいました。
月に2〜3回行くショッピングセンターの占いブースには小さな子供さん連れの
お母さんも多くみえます。
子供さんにお名前を聞くとここでもやはりみなさん可愛らしい名前です。
中でも一番印象に残っているのは美潤(みゅーる)ちゃんでしょうか。
字で書くととても美しいのですが、古い方だと履き物と同じ名前?と
驚かれるかたもあるかもしれません。
私の実名はとても平凡で子供の頃はもっと華やかな名前だったら良かったな、
と思ったりもしましたが今ではこの名前にも充分になじみました。

読者の方の中にも子供さんが生まれたとき、姓名判断の本を参考に
少しでも子供が幸せな人生を歩むように一生懸命考えて名前を
付けたかたもいらっしゃることでしょう。
勿論私もその中の一人です。
ただ吉数は必ずしも吉のみにあらず、背中合わせに弱点もあります。
例えば21という数は職業でみれば役人向けの固い数ですが、
商売を発展させようと思う場合は足かせになる可能性もあります。
親がどんな吉数で名付けようとも子供自身の生きるパワーややる気
頑張る力がなければ吉数にはなり得ません。
どんな名前でもその子にとって両親からの最初のプレゼント、
誇りと愛着を持って長いおつき合いをして欲しいと思います。
名前というものは単なる記号ではなく、その人のイメージを作り上げる
重要な要素です。
親が子供に託した思いや希望、願いを私たち大人も授けられ自分の中に
受け継がれていることをたまには思い出してみるのも必要かもしれません。

3月も半ばになり4月の気温を示す日もありますが、冬から春への
季節の境目で花粉症をはじめ体調を崩しがちになる時期です。
昼間と夜の気温差も大きく薄着のままだと夜は冷えたりします。
上手に着る物を調節して無理なく心地よく素敵な春をお迎え下さい。

おまけ−今月のラッキーさん

恋愛運 9月・10月生まれ
仕事運 2月・12月生まれ
金 運 2月・11月生まれ

2008年3月13日

じゅりあん・やまもとさんのプロフィール


読売新聞県南地区フリーペーパー<マイタウンネットワーク>紙上に占いを連載
週刊女性8/10号の袋とじ特集<当たる!と評判の占い師50人>に掲載される
カップリングパーティー エフ・ロード他のイベント等で活躍中
土浦市にて、占いの館 じゅ・ぴたーを開業中
手相・姓名判断・タロット・宿曜術占いが中心

バックナンバー(2010年2月まで)へ