ACCSキャンペーン
つくばもん
読み物
占い宝石箱 じゅりあん・やまもと

第37回 身辺雑記

猛暑の夏から冷気の秋へ、そして気付けば今年も残り数日になってしまいました。

2008年後半はこの占いコラムを休ませて頂き申し訳ありませんでした。
ご無沙汰してしまいましたが皆様お変わりなくおすごしでしようか?
私は身辺に何かと動きの多い半年間でした。
一番の出来事は猫を飼ったことでしょうか。
龍ヶ崎の神社で生まれたまだ手のひらに乗るほど小さなメスの子猫を
もらってきたのが5月の終わり。
ロシアンブルーの血の入ったグレーの猫は元気いっぱい我儘いっぱいの
気品のあるちょっとお高くとまった優雅な猫でした。
冷蔵庫を開ければ飛んできて一緒にプリンやアイスをシャクシャクと食べ、
一人でさっさと外に出ては近所の猫とも物怖じせずに仲良く日なったぼっこして
お土産にセミやらトカゲやらを連れて帰ってきました。
名前を呼ぶと返事の代わりに私の顔を見ながら尻尾を振っていた可愛い
我が家のアイドルは10月の末に家の前の道で車にはねられて、
たった半年の短い命を終えてしまいました。

家族みんな心の中に大きな穴があいて何をする気力もなく、
これが<ペットロス症候群>というものか、と実感したときに
支えてくれたのはやはり猫好きの友人・知人でした。
街で見かけた里親募集の子猫のポスターを写メして送ってくれた人、
知り合いの家で子猫が産まれたと教えてくれた人、可哀想にねと
涙ぐみ励ましてくれた人・・・。本当に感謝の言葉もありません。
今は新しい猫がまた我が家にやってきました。
アメリカンショートヘアの雑種で北京オリンピックの開会式の日に生まれた
か細い声で鳴く甘え上手な可愛げのある女の子です。
前の猫を亡くしたことは大変悲しくつらい出来事でしたが、新しい猫と
出会えた不思議なご縁を大切にして大事に育てていこうと思っています。

もう一つの大きな変化は禁煙したことでしょうか。
一時期たばこ千円値上げ案などが浮上していましたが丁度そのころ
脚の血管を拡げる手術をすることになりました。
数年前から歩くとふくらはぎの痛みで脚を引きずるようになり受診したところ
手術ですぐに治りますがまずは禁煙しましょう、と言われたのを引き伸ばしていました。
大きな病院でもまだ喫煙所の設置されている所は多いのですが、私が入院した病院は
敷地内全面禁煙の病院。この時期喫煙者は駅のホームでもレストランでも肩身が狭く
なってゆくし、お金はかかるし臭いはつくし身体には悪いし思い切って止めました。
やめて1〜2か月は煙草の代わりに果物・ゼリー・アイスクリームを食べていたので
右肩上がりに体重が増加しましたが、WillFitで筋トレや体重管理をしている
うちに少しずつ落ち着いてきました。年末年始はまた要注意ですが。
今でも時々煙草を吸いたいな、と思うことはありますがいつも頭の中で何処なら煙草が
吸えるかな、いつ次の煙草を吸おうかな、あと残り何箱かな、などと日々煙草に
振り回される暮らしに嫌気がさしていたのでとても楽になりました。
好きなコロンの香りも煙草の臭気で消されることもなくなり心安らかな毎日です。
人はこうして少しずつ枯れていくのかもしれませんがそれもまた良し、と思います。

さて占いコラムなのに猫と禁煙の話で終わってしまうのはあんまりです。
昨今の急激な世界的な不況はここにきて相談内容にも如実に表れています。
特に製造業の方しかも工場に派遣で働いていた方などは製造業の求人が減っている
ことにとても苦慮しているようです。販売ならあるけど今まで製造でキャリアを
積んできたのにどうしたらいいだろう、というような相談が増えてきました。
カードを出しても思うような良いカードが出なかったりすると本当に気の毒で
とりあえず接客や販売の面接受けてみようよ、と励ますことしかできない自分が
不甲斐ないのですが。
世界のトヨタでさえ赤字になる経済の後退はどうなるか先が見えず不安ではありますが
降りやまない雨はない、きっといつか明るい太陽に出会えることを信じてしっかりスキルアップ
の努力を忘れず地道に頑張りましょう、お互いに。

新年のコラムではまた来年の予測などもしてみたいと思っています。
どうぞ皆様忙しい毎日ですが良いお年をお迎えくださいね。

2008年12月26日

じゅりあん・やまもとさんのプロフィール


読売新聞県南地区フリーペーパー<マイタウンネットワーク>紙上に占いを連載
週刊女性8/10号の袋とじ特集<当たる!と評判の占い師50人>に掲載される
カップリングパーティー エフ・ロード他のイベント等で活躍中
土浦市にて、占いの館 じゅ・ぴたーを開業中
手相・姓名判断・タロット・宿曜術占いが中心

バックナンバー(2010年2月まで)へ